代表挨拶


代表取締役 下國 民雄

私ども「株式会社 シモクニ」は1921年(大正10年)創業以来、大正・昭和・平成と三世代を迎える事が出来ました。
仕事に対して熱意と誠意、社会に対して感謝と奉仕の心を持って“一枚のラベルに大いなる情熱と真心をこめて”の使命を念頭に、シール、ステッカー、その他のあらゆる特殊印刷の分野に於いて、古い伝統、長い信用、新しく高度にして特色ある技術を基盤に、研究開発、創意を企業の保険として、社会の要する優秀な製品を誠意と努力を以てお客様に提供し、信用と利益の還元を受けてまいりました。
今後ともお客様のニーズとご期待にこたえると共に社会に役立つ企業として前進する覚悟でございます。
どうか当社の印刷物 シール・ステッカー、その他の特殊印刷をご検討下さいます様お願い申し上げます。

このページのトップへ戻る

会社概要

社 名

株式会社シモクニ

代 表

代表取締役社長 下國 民雄

役 員

  • 常務取締役 下國 延彦
  • 取締役 下國 栄治
  • 取締役 下國 公江
  • 取締役 若浜 理
  • 監査役 吉田 肇

所在地

札幌市中央区北6条西15丁目
TEL.011-631-4865
FAX.011-643-2823

大きな地図で見る

資本金

3,600万円

設 立

昭和38年5月1日
(創業:大正10年)

従業員数

33名

取引銀行

北洋銀行

営業品目

シール、シール・ラベルのサプライ製品、ステッカー、ワッペン、シルクスクリーン、ラミネート加工、PPフィルム加工を中心としたあらゆる特殊印刷の製造、グラビア印刷、パッケージ印刷、一般印刷、セキュリティシステムの販売、他

このページのトップへ戻る

社 歴

大正10年 下國司馬太郎(現社長の祖父)、札幌市北6条西15丁目において、下國印刷所を創業。
昭和10年9月 下國正雄(現社長の父)、現住所において、北海道ではじめて、シール印刷機を導入し、シール印刷を開始。名称も下國シール印刷所に変更する。
昭和34年3月 北海道で最初に粘着紙(タック紙)のシール印刷加工を行う。
昭和38年4月 北海道で最初に、東京都正札シール印刷協同組合に加盟し、シール印刷特許使用の契約をする。
昭和38年5月 経営を法人組織に切替え、社名を(有限会社) 下國シール印刷所とする。資本金30万円。
昭和50年4月 従来の工場の隣接地100坪を購入し、工場及び事務所を増築。同時に大阪、志機制作所より、修整機付多色刷の最新鋭シール印刷機、2台を導入する。
昭和56年11月 2~3色刷シール印刷機1台購入これにより、シール生産機械設備10台となる。
昭和57年8月 資本金300万円に増資。
昭和57年9月 ラミネート、箔押機、パンチング付多色刷シール印刷機1台購入。
昭和58年7月 資本金500万円に増資。
昭和59年12月 平版用ラミネート・PP貼り機導入。FSK株式会社より、多色刷りUV装置付き箔押しラミネート貼りが一工程で出来るシール印刷機を導入。
昭和63年9月 現在地200坪に新工場を増改築し、製造工場は冷暖房、エアーコンディショナル、工場内出入口にはエアーシャワーを完備してクリーン化をはかる。同時に、(株)エム・シー・ケー、ラミロボ640平版用ラミネート機1台購入、ラナス工業(株)よりFB-1半自動平面スクリーン印刷機を導入する。
平成2年3月 ポーラ断裁機1台、手動式シルクスクリーン印刷機、半裁、全判2台を導入する。
平成3年7月 リンテックより多色刷りUV装置付きラミネート貼り半輪転凸版シール印刷機を導入する。
平成5年7月 光製作所より5色刷りUV装置付きラミネート貼り間欠凸版輪転機を導入する。
平成8年1月 社名を(株式会社) シモクニに変更。資本金1000万円に増資。
平成8年7月 版下・デザイン作成用にマッキントッシュを導入。
一般印刷、シール・ラベル、ステッカーなどへのデジタル化への対応を始める。
平成8年8月 4色刷りUV装置付きラミネート貼り大型凸版間欠輪転機を導入する。
平成9年11月 セキュリティー事業開始・業務系コンピューター導入。
平成10年4月 業務系コンピュータを追加導入。
平成11年1月 社内LANを構築。同時にインターネットのメールによるデザイン入稿に対応。
平成11年3月 インクの調肉作業効率を向上させるため、道内で初めてCCM
(コンピューターカラーマッチングシステム)導入。
平成12年5月 コンピュータネットワーク強化のため、パソコン追加導入。
平成12年9月 4色刷りUV装置付き間欠凸版輪転機を導入する。
平成13年5月 業務系システム効率化のため、サーバー機導入。
平成14年3月 ISO9001/2000年度版を道内シール業界で初めて取得をする。
平成14年5月 シール・ラベル、ステッカーのデジタル化への対応として1世代目のカラ-レザータイプのデジタル印刷機1台、IJP・華昇型IJP各1台を導入する。
平成16年2月 5色刷りUV装置付き間欠凸版輪転機ITP(自動インキプリセットシステム搭載)を道内シール業界で初めて導入する。
平成17年4月 4色刷りUV装置付き間欠凸版輪転機ITP(自動インキプリセットシステム搭載)を導入する。
平成18年3月 資本金3、000万円に増資。
平成19年10月 2世代目カラーレザータイプのデジタル印刷機を導入する。
平成20年3月 資本金3、600万円に増資。
平成22年8月 裏面印刷、糊殺しシール印刷機を導入する。
平成23年8月 3世代目カラーレザータイプのデジタル印刷機を導入する。

このページのトップへ戻る

© 1996 - 2012 SHIMOKUNI co.,ltd. all right reserved. Sapporo, Japan.